エステファクトの使い方は?正しい使い方とおすすめを紹介します!

エステファクトのテクスチャー

「オールインワンってただ普通に顔に塗ればいいだけでしょ」

 

そう私も思っていたんですが、美肌の友達から

 

「塗り方を少し気をつけるだけで、肌に負担をかけずに効果を実感しやすくなるよ」と教えてもらいました。

 

なので、友達からのアドバイスも含めて、私が愛用しているエステファクト正しい使い方とコツを紹介していきますね(^^)

 

エステファクトの正しい使い方は?

エステファクトの使い方のコツは3つあります。

  • ケチらずに使用量を守ること!
  • 肌をこすらず優しく!
  • 首とデコルテにも使おう

 

ケチらず使用量を守ること

使用量の目安
朝:パール3粒分
夜:さくらんぼ1粒分

パールもさくらんぼも、普段見慣れないのであまりサイズ感がわからなかったですが(笑)

 

でも、使用量の目安を守って使うことは大事です。

 

ちょっと高いからケチってしまいたくなるけど、量が少ないと肌に摩擦が起きてしまいます。

 

年齢肌は摩擦とか外敵な刺激は厳禁!

 

刺激から炎症が起きやすくなるし炎症を起こすと皮膚が硬くなるので、くすみやすくなったりするそうです。

 

肌をこすらず優しく

また、量は十分でも強くこすって塗り込むのは肌にとっても悪いこと!

 

それに、エステファクトはオールインワンでもモロモロは出にくいですが、さすがに強くこするとモロモロも出てしまいます。

 

こすらなくてもスッと伸びて肌になじんで浸透してくれるので、優しく顔全体を覆うようなイメージで伸ばしてあげましょう。

 

余った分は首やデコルテに◎

60代の母から、「首のシワが40代くらいから気になってくるよ!早めに保湿しときな」と言われまして(笑)

 

母は年齢の割には肌が綺麗なんですけど、言われてみればたしかに首のシワって目立つ・・・

 

ということで、早めに首とデコルテケアもするようにしました。

 

でも、わざわざ首用に量を使うのも「勿体無い」って思ってしまうので、顔に塗るときに使用量の目安より気持ち多めにとるようにしています。

 

すると、なんとなく浸透しきらずに手に余った感じになるので、その分を首とデコルテに使うとベタつかずにいい感じです♪

 

エステファクトでパックをするのも気持ちいい♪

贅沢な使い方なので、本当にたま?に肌の調子が悪いときにしかやらないんですが(笑)

 

エステファクトでパックをするのもおすすめです。

 

パックをするときの使用量はパール5粒分くらいが目安です。

 

冬は蒸しタオルでホットパック

冬場の乾燥しやすい季節は、エステファクトのホットパックが気持ちいいです。

 

エステファクトで3分間パックするときに、蒸しタオルで顔を包みます。

 

お風呂場に浸かってのホットパックも手軽でおすすめ

また、お風呂でやるのも簡単だし手間がないのでお気に入りです♪

 

洗顔まですべて済まして、エステファクトでパックしながら湯船に浸かります。

 

汗をかかない程度に3?5分くらいがおすすめです。

 

そのまま肌になじませると、お風呂でスキンケアまで完了しちゃうので楽チンですよ(笑)

 

夏はジェルを冷やして冷たいパックが気持ちいい!

夏場は、エステファクトを冷蔵庫で冷やして、お風呂上がりの冷たいパックが最高!

 

注意点としては、保管するときに温度差があるとあまり良くないので・・・

 

一回冷蔵庫に入れたエステファクトは、使い切るまで冷蔵庫で保管するようにしましょう。

 

正しい使い方で毎日がエイジングケア♪

エステファクトの容器

オールインワンだから基本的に塗るだけていいんだけど、少し使い方に気をつけるだけで肌の実感度は変わります(^^)

 

また、エステファクトはパックまでできるので、ひとつで色々使えるのは便利です。

 

正しく使って、毎日のスキンケアがエイジングケアになると最高ですね♪

 

エステファクトを使った私のビフォーアフター写真はこちらに載せているので、よかったらチェックしてみてくださいね(^^)

 

⇒エステファクトの口コミ(写真付き)